プロフィール

セラピストchieko:(澤木知恵子)


生年月日: 1972年2月24日
秋田県出身、幼稚園のころより川口市在住

 

キレイな人が好き。

私もいつまでも老け込まず健康的で内面からキレイでいたい。

健康的でキレイ。そして、笑顔で過ごせる人を増やしていきたい。

 

キレイな人を見て不快な思いをする人はいないと思うから。

笑顔でいる人を見ると、自然と周りの人も笑顔で過ごせるようになると思うから。

笑顔で社会貢献が出来ると信じているから。

 

 

 そんな想いでお仕事をさせて頂いています。

プライベートでは高校3年生の息子と20歳になった息子がいます。

 

素敵な出会いとなりますように。

 

 

 

 

もう少しお時間のある方はこのままお付き合いください・・・

 

 



幼稚園まで秋田県で過ごし、その後川口市に引越し。
この頃は秋田弁で幼稚園でいじめられていたらしい…全くおぼえていませんが。

小学校、中学校、高校と地元の学校に通う。

高校で出会った友人はきっと一生の宝物。
たま~にしか会えませんが、会えばすぐ昔にタイムスリップ♪


その後2年間秘書の勉強をし、OLに。


23歳で結婚。二人の息子に恵まれる。

約10年間で結婚生活を解消し、シングルマザーとして事務員と店員、2つの仕事を掛け持ちし、それでも子育てが一番!をモットーに3人での生活を6年。

学校の役員をしたり、子供達のバスケ、サッカーの応援に行ったり、お当番をしたり…。忙しくも楽しい毎日。

あっという間の6年間でした。

そんな中、仕事がなくなったとき、自分と子供の生活を守るため手に職を!
と思い、「好きを仕事にする本」を手にとりました。
まだなんとなく興味がでてきたところでした。


そこで、聞いたことも、見たこともないフーレセラピーを初めて知りました。


自分が「これいい!」と思った時だけ行動的になる私は、早速資料を請求し、体験会へ参加。

校長先生の素敵な人を惹きつける話術と、感じたことの無い不思議な感覚のマッサージの魅力にはまり即、学校への入学を決めていました。

もうそろそろ検定試験…という頃、ヘルニア発症。

安易にブロック注射をうけ、運悪く失敗だったのか脊髄に穴があき、その日から酷い頭痛に悩まされ2ヶ月間寝たきりに。酷くなる前のケアが大切だと実感。。。


お手洗いに行くのが精一杯。横になっていれば頭痛は治まり、なんだか自分がとても怠けているようで、いつまでこんな状態が続くのかと憂鬱な毎日でした。


近くに住んでいた母はもちろん、子供の学校関係で知り合ったママ友も子供をお泊りさせてくれたり、おかずを持ってきてくれたり。


高校時代の友人は自宅にエステをしに来てくれたり…。
とってもとってもありがたかったです。

人に癒されるってこういうことなんだ…と身をもって実感。
この時私も、フーレセラピーを通して人の役に立てたら…疲れている人の体をほぐすことで、心も癒すことが出来たら、自分も素敵な気持ちになれそうと、ますますセラピストへの夢が膨らみました。


もちろん子供達も自分達で洗濯したり茶碗を洗ったり、頑張ってくれました。



少しずつ良くなり、検定の期限が無くなる~と焦りなんとか5月の期限ギリギリで受験することが出来ました。

そして、2010年春、フーレセラピストの資格を無事取得し、子供がもう少し大きくなったら…いつかは開業…と夢を抱いておりました。


開業までの間、練習に付き合ってくれた友人達にも本当に感謝しています。

母の「教室を一緒に使ってサロンをやったら?」


の言葉に甘え、7月に実家に戻り、2011年10月8日埼玉県川口市(旧鳩ヶ谷市)にプライベートサロンを開業致しました。

 

初めてフーレセラピーを受けたお客様が「これも足でやってるんですか~?」と驚いている姿を見ることが最近の密かなお楽しみとなっています。



2011年11月15日